《障害児利用支援計画》の作成事業者について》

障害児相談支援事業所の選定とご契約

メルケアみなとセンターのようなサービス提供事業所をご利用される場合は、児童発達支援、放課後等デイサース等の通所受給者証(お住まいの自治体が発行)を既にお持ちの方も更新時に下記の手続きが必要となります。

 

 ≪新規及び更新が必要なご利用者の場合≫

1)利用希望者はお住いの区(区の総合支所)の障害福祉課担当窓口に通所受給者証申請書提出

2)区指定の「特定相談支援事業所・障害児相談支援事業所」の選択と契約

3)保護者と相談支援事業所との面談

4)相談支援事業所が障害児利用支援計画書を作成し区に提出

5)区による調査認定、医師意見書(発達検査含む)の作成依頼

以上のサービス支給決定のプロセスを経て受給者証が交付されます。

 

その後メルケアみなとセンターと契約の上、サービスの利用が開始されますが、医師の診断書の作成・予約の状況や相談支援事業所及びサービス提供事業所数が少ない所では相当の日数がかかると思われます。相談支援事業者は、受給者証に記載のモニタリング期間ごとにサービスの利用状況等を検証し必要に応じ計画の見直しを行います。

 

サービス等利用計画の提出対象者は、障害者福祉サービスの申請(新規・更新・変更のいずれかの場合)の機会を捉え順次拡大されます。詳細は最寄りの区役所障害者福祉課相談係にお問い合わせ下さい。

 

※区によって特定相談支援事業所、障害児相談支援事業所の役割を区分しているところがあります。

障害児利用支援計画とは

市区町村の指定を受けた障害児相談支援事業所の専門員が、面接等によりサービスを利用する障害者の心身の状況、環境、希望する暮らしの目標、その実現に必要な障害福祉サービス等の利用意向等をうかがい総合的な視点で計画を作成します。セルフプランも可能ですが専門員が作成する計画と同等の内容が必要です。新規申請、契約更新、サービス提供事業所との契約変更時に必要となります。

通所支援事業所をお探しの方は東京都福祉ナビから事業所が検索できます。

メルケアみなとセンターご利用者の更新手続きについて

通所受給者証の支給期間が終了される方の更新手続の際、上記記載の通り当事業所とは別に、市区町村指定の障害児相談支援事業所との契約が必要となりますのでご留意ください。

本ウエブサイトには発達障害という言葉が多く記載されていますが、これは法律や学術的に使用されている用語ですので当センターでは業務上そのまま使用しています。特に障害という単語に嫌厭の念を抱かれる方も多いとは存じますがご容赦下さいませ。

メルケアみなとセンターは児童福祉法に基づく児童の発達支援のための多機能型障害児通所支援事業所です。当事業所の事業は、社会福祉法第2条に定める第2種福祉事業です。

●支援区分 障害児通所支援事業(多機能型・重症心身障害以外)

東京都指定 児童発達支援サービス

■東京都指定 放課後等デイサービス

■東京都指定 保育所等訪問支援サービス

○医療連携協定先

      東京慈恵会医科大学付属病院

○東京都社会福祉協議会会員

○港区社会福祉協議会会員

○実用数学技能検定(算数検定

 団体受験認定実施施設

日本漢字検定 団体受験認定準会場施設

英検Jr 英検グループ会場実施登録施設

日本語検定 団体受験準会場施設

日本電卓技能検定協会 団体受験施設

児童発達支援・保育所等訪問支援

業務の改善を図る処置等

障害児通所支援事業所の検索には