今を見つめることは未来へと進むこと

メルケアみなとセンターの発達障害に関する主な療育指導方法は、児童一人に対して複数の指導員によるデイスクリートトライアル方式で、米国での発達支援のプログラムを日本人に合った施行方法にして取り入れております。発達に課題のある児童の特性は様々で、その児童に沿ったプログラムによって保護者と一緒に臨床療育に取り組みながら、次の集団活動や生活につなげる個別支援及び個別指導です。療育的アプローチは、コミュニケーション、日常生活スキル、社会性及び運動スキル分野や不適応行動への行動的介入プログラム(BIP)、学習能力や認知面の向上のための教育的介入プログラム(EIP)等がメインストリームです私たちの思い

 

障害児通所支援事業所メルケアみなとセンター及びメルケアプリスクーリングでは、適正な障害児通所支援事業の運営に関し、利用者保護者会、特定非営利活動法人メルケアみなとセンター評議委員会、利用者の苦情に係る第三者委員会を設置しております。利用者が受け身ではなく積極的に児童の療育や事業所運営に参加することで、利用者全体の継続した支援の充実を目指しています。

令和1年10月1日より、児童発達支援の利用者負担が無償化されます。

令和元年101日からの幼児教育・保育の無償化に併せて、就学前の児童が障害児通所支援(児童発達支援)を利用した際の利用者負担が無償化されます。

対象となるサービス

就学前の障害児を支援するため、世帯の所得状況にかかわらず、次の障害児通所支援を利用した際の利用者負担が無償化されます。

 

〇児童発達支援  〇医療型児童発達支援  〇居宅訪問型児童発達支援  〇保育所等訪問支援

対象となる児童

3歳になって初めての41日から(3歳になった年度の翌年度の4月1日から)、小学校就学までの3年間です。

(例:誕生日が平成28(2016)年9月30日生まれの児童は、令和2年4月1日から令和5年(2023)3月31日まで無償化となります。誕生日が平成29年(2017)4月2日生まれの場合、無償化は令和3年(2022)4月1日から令和6年(2024)3月31日までとなります。)
具体的な対象者の例は、下表のとおりです。

 

サービスを利用する時期

無償化の対象となる児童

令和元年101日から
令和2331日まで

誕生日が平成25年(2013年)42日から
平成28年(2016年)41日までの児童

令和241日から
令和3331日まで

誕生日が平成26年(2014年)42日から
平成29年(2017年)41日までの児童

※小学校入学の始期に達している「児童発達支援」の対象児童に関して

)学校教育法18条に基づく就学猶予(免除)の対象となった児童については、年齢にかかわらず小学校入学の始期に達するまでの間においては、無償化の対象となります。

 

2)インターナショナルスクール等いわゆる1条校ではない各種学校に通っている児童は、小学校就学の始期に達していれば、無償化の「対象外」となります。

経過措置

無償化対象通所児童の対象サービスの費用の無償化は、令和元年(2019年)101日以降に行われる対象サービスについて適用し、同日前に行われたサービスについては従前の例(現行どおり)によります。

 

詳細はこちらをご覧下さい。

難病疾患の児童もご利用可能です。

平成2541日に施行された障害者総合支援法で障害者(児)の範囲に難病患者等が追加され、障害福祉サービスや障害児通所支援等が利用できるようになりました。当初は対象となる疾病が130疾病でしたが、平成2771日より332疾病に拡大されました。難病患者等の詳細は、画面下の添付ファイルのダウンロードの「周知用パンフレット」をご覧ください。

指定難病リスト
指定難病20150701.pdf
PDFファイル 260.6 KB

東京都帰宅困難者対策条例

東京都では平成2541日より「東京都帰宅困難者対策条例」が施行されました。災害時にはむやみに移動を開始せず、安全を確認したうえでオフィスなどに待機するとともに、事業者は3日分の従業員等の食料等を備蓄することを定めています。当事業所においても、緊急時滞在セットを含め、通所中の児童とその保護者、職員の滞在に必要な最低限の非常食等を常時備蓄してあります。

 

難病医療費助成制度の周知パンフレット
難病医療費助成制度.pdf
PDFファイル 620.8 KB

IMG_0764
Beyond Roses
Untitled
夏模様
Sunset @Tokyo, Japan
Sunset @Tokyo, Japan
Sunset @Tokyo, Japan

本ウエブサイトには障害者または発達障害という言葉が多く記載されていますが、これは法律で使用されている言葉ですので当センターでは業務上そのまま使用しています。特に障害という単語に嫌厭の念を抱かれる方も多いとは存じますがご容赦下さいませ。

メルケアみなとセンターは児童福祉法に基づく児童の発達支援のための多機能型障害児通所支援事業所です。当事業所の事業は、社会福祉法第2条に定める第2種福祉事業です。

●支援区分 障害児通所支援事業(多機能型・重症心身障害以外)

東京都指定 児童発達支援サービス

■東京都指定 放課後等デイサービス

■東京都指定 保育所等訪問支援サービス

 

○医療連携協定先

      東京慈恵会医科大学付属病院

○東京都社会福祉協議会会員

○港区社会福祉協議会会員

〇スペシャルニーズ歯科

      東京歯科大学水道橋病院

○実用数学技能検定(算数検定

 団体受験認定実施施設

日本漢字検定 団体受験認定準会場施設

英検Jr 英検グループ会場実施登録施設

日本語検定 団体受験準会場施設

日本電卓技能検定協会 団体受験施設

児童発達支援・保育所等訪問支援

業務の改善を図る処置等

NPO法第28条の2による公告

東京都NPO法人情報公開サイト

障害福祉サービス事業所情報の公開