発達に課題のある児童の早期発見、早期療育をめざして

メルケアみなとセンターは東京都指定の障害児通所支援多機能型事業所です。

障害者自立支援法等の改正と児童福祉法の改正に伴い、児童デイサービスが平成24年4月より、障害者自立支援法から児童福祉法に移行しました。移行に伴い、児童デイサービスは主に就学前の児童を中心とした「児童発達支援」と、放課後等支援の「放課後等児童デイサービス」に機能分化しました。未就学児の児童発達支援は、発達障害の早期発見と早期療育を目指したものです。 保育所訪問支援は、児童福祉法に基づき新しくできた制度で、都の指定保育所等訪問支援事業所の療育の専門職が、保育所・幼稚園・小学校、放課後教室に訪問し、児童の療育や集団活動への適応に関してご家族や担当職員に助言を行い適切な「個別支援」を行うサービスです。上記サービスの利用申請者は、通所給付受給者である障害児及び保護者です。当事業所は、未就学から就学後まで、障害度合いにあわせて一体的な運用をめざすものです。

メルケアでは、下記の3つの指定事業を一体的な個別療育で実施しています。

未就学児に対して、日常生活における基本的動作、知識技能を習得し、集団生活に適応することができるよう指導及び訓練を行います。早期発見・早期療育を中心的機能としていますので、発達に課題のある未就学児童への綿密なアセスメントと個別の臨床療育や家庭内での療育方法の指導を行います。2歳前後から小学校就学前までの児童及び就学していない児童が対象です。家庭内での療育と連携していきますので原則として保護者帯同です。

就学児に対して、授業終了後や夏休み等の長期休暇中において、生活能力向上のための訓練、社会との交流の促進等の支援を行うとともに、放課後等の居場所づくりを推進します。就学児童への療育では、課題の克服や改善、集団生活への適応訓練を学習介入や行動介入を通して実施します。また児童発達支援から就学児になられた児童の経過観察を行います。小集団活動としてチャレンジクラスを設けています。

保育所、幼稚園、小学校、特別支援学校等を訪問し、集団生活への適応のための専門的な支援を行うことにより、保育所等の安定した利用を促進します。障害児が障害児以外の児童との集団生活に適応することができるよう、当該障害児の身体及び精神の状況並びにその置かれている環境に応じて適切かつ効果的な支援を行います。この制度は児童福祉法を根拠とします。当事業所に通所中の児童が対象です。


特 別 支 援


上記の3事業の支援計画に加え、言語聴覚系、機能訓練系の特別支援があります。保育所等訪問支援は言語聴覚士による特別訪問支援が提供できます。特別支援には特別支援加算がかかります。(自己負担28円/回)

医療的ケアが必要な児童向け支援

現在、放課後等デイサービスで実施しています医療的ケアが必要な児童への看護師による支援を、今後児童発達支援、保育所等訪問支援においても提供できるよう現在準備中です。制度上の人員配置、設備基準等により重症心身障害児以外の医療的ケア児で、当事業所で対応が可能な児童を対象とします。

メルケアみなとセンターでは、原則として保護者同席での個別療育支援です。

3フロアーに機能別訓練室があり、児童1名あたり33㎡以上の広さがあります。

児童発達支援 個別6階C室
児童発達支援 個別6階C室
発達検査室No.3 8階
発達検査室No.3 8階
放課後等ディ 小集団8階
放課後等ディ 小集団8階
個別機能訓練室7階(チャイルドハビリステーション)
個別機能訓練室7階(チャイルドハビリステーション)
体軸統合訓練室8階
体軸統合訓練室8階
検定試験会場8階
検定試験会場8階

絵本・図書コーナー兼8階相談室
絵本・図書コーナー兼8階相談室

●当事業所は児童の送迎サービスはいたしておりません。

●自己負担金以外の費用はありません。児童に合った教材等は独自に作成しています。

(漢字検定・算数検定・英検Jrの検定料はメルケアのご利用者は免除となります。)

●絵本や児童向け書籍、図鑑は約2000冊あり、無料で貸し出しをしています。

●当事業所の主な発達障害に関する療育指導方法は、児童一人に対して指導員が2~3名のデイスクリートトライアル方式で、米国での発達支援のプログラムを日本人に合った施行方法にして取り入れております。発達に課題のある児童の特性は様々で、その児童に沿ったプログラムによって保護者と一緒に臨床療育に取り組んでいく個別支援及び個別指導です。サービス利用時または3か月程度の綿密な行動観察が必要と認められる場合は、その結果を踏まえてアセスメントを実施の上個別指導・支援計画を作成します。

6階 児童発達支援相談室 兼 待機室
6階 児童発達支援相談室 兼 待機室

尚、当事業所は多機能型事業所です。多機能型とは児童発達支援・放課後等デイサービス・保育所等訪問支援の3事業を、児童の状況に鑑み一体的に支援ができるようスケジュールが組まれます。

 

●当事業所は東京慈恵会医科大学付属病院や各専門分野の医療機関と医療連携協定を締結しており、提携歯科での障碍児矯正歯科治療の同行支援、事業所専属の薬剤師による服薬に関するご相談などご利用者のさまざまなニーズに則した療育を提供しています。

◆ サービス提供時間・休日(平成29年4月1日~)

1日の法定定員10名の定員の内訳が、従来の児童発達支援5名放課後等デイサービス5名から、平日は児童発達支援8名放課後等2名に変更になります。

プログラム

相談支援(無料)

 9001730 

児童発達支援

9001300 (6or8階)

8:00~9:00  (6階)

X

放課後デイサービス

13301730 (8階)

日曜日は9:00~15:00

X

保育所等訪問支援(特別支援含む)

8:30~12:00

機能訓練(歩行訓練・感覚統合訓練他)

90016:00(7階 ご家族による自主訓練は無料)

自主訓練のみ

スピーチセラピー(英語)10001200(6 or 8階。英検JR対応、子音発声訓練含む、提供曜日の変更があります)

X

X

●言語聴覚士による特別支援は、児童発達支援・放課後等デイ、保育所等訪問支援に含まれます。

X

X

※年末年始、日・祝日、土曜日及び学校が行事等でお休みの日の放課後デイサービスのご利用は、休日の単位が適用されます。また平日お仕事等の関係で通所支援が利用できない保護者とお子様を優先しています。児童発達支援は午前8時から9時までの時間は、お仕事をお持ちの保護者専用枠として設けておりますが、1回につき68円の時間外(早朝のみ)加算がかかります。7階の機能訓練施設は、NPOメルケアみなとセンターが運営する施設で、ご家族で自主訓練される場合は、施設や器具を無料でご利用することが出来ます。

本ウエブサイトには発達障害という言葉が多く記載されていますが、これは法律や学術的に使用されている用語ですので当センターでは業務上そのまま使用しています。特に障害という単語に嫌厭の念を抱かれる方も多いとは存じますがご容赦下さいませ。

メルケアみなとセンターは児童福祉法に基づく児童の発達支援のための多機能型障害児通所支援事業所です。当事業所の事業は、社会福祉法第2条に定める第2種福祉事業です。

●支援区分 障害児通所支援事業(多機能型・重症心身障害児以外)

東京都指定 児童発達支援サービス

■東京都指定 放課後等デイサービス

■東京都指定 保育所等訪問支援サービス

○医療連携協定先

      東京慈恵会医科大学付属病院

○東京都社会福祉協議会会員

○港区社会福祉協議会会員

○実用数学技能検定(算数検定)団体受験認定実施施設

日本漢字検定 団体受験認定準会場施設

英検Jr グループ会場実施登録施設

日本電卓技能検定協会

未就学児向け機能訓練施設

障害児通所支援事業所の検索には